石黒 賢 Ken Ishiguro

【学 部】成城大学経済学部(1988年卒)
【出身校】成城学園高等学校
【職 業】俳優

1.現役時代の思い出や戦績等

思い出は沢山ありますが・・・。1年生の時は、試合に出ていないんです。というのも、高校3年生の頃から仕事を始めていた関係で、入部前に、当時の主将から「特別扱いはしないよ。」と言われ、「仕事で1日練習を休むごとに、グラウンドを20周しろ!」と・・・。たまに練習に出たときは、ほぼ一日中グラウンドを走っていましたね(笑)。なので、1年の時は、あまりテニスは出来ず、ボールボーイと審判と罰ランをしていました。
2年生になって、やっとレギュラーとしてリーグ戦に出場しました。上部昇格をかけた入れ替え戦で、相手のNo.1と当たったんです。大方の予想を覆して逆転し、4部昇格を果たした。これが僕の人生のベストマッチですかね。
当時、僕の得意なショットは、とにかくスマッシュでした。そこにいかに持っていけるか・・・。前に出て行って、必死にパッシングを止め、相手にロブを上げさせる。「3歩下がれば取れないロブはない」と自信を持って、スマッシュを決めまくるといった感じです。

2.成城大学体育会硬式庭球部の魅力

成城学園は、自由闊達な雰囲気もありながらも、縦社会をわきまえつつ、フレンドリーというのが、学園全体、そして体育会硬式庭球部の雰囲気でもあり、魅力だと思います。

3.現役学生に対するメッセージ

僕は、体育会硬式庭球部に所属していたおかげで、テニスというスポーツを通じて、目上の人への礼儀や後輩とのかかわり方などを学び、そして、現在に至るまでの生涯の友を得ることができました。一生懸命練習をして、試合に勝つことができれば自信にもなるし、負ければ努力が足りなかったと、また励むようになる。大学生は、失敗してもまだまだいろんなことにチャレンジできる時期だと思うので、辛い思いをしたり、挫けたりしながら学んでいくことによって、豊かな人生になると思います。

4.成城大学体育会硬式庭球部に期待すること

一言でいえば「もっと練習してほしい!」。テニスは上達するのに時間が掛かるスポーツなので、沢山球を打ってほしい。是非、効果的な練習メニューを考えてください!

今年も時間をみつけて応援にいきます。良い結果を期待してますよ。

 

2019年3月12日

以上